車検

車検

車検をお得に受けるには!?

車検にかかる費用

自動車を所有していると必ずかかる費用といえば、自動車税と車検費用。
自動車税は、決まった額を納めなくてはなりませんが、車検費用は、おおむね10万位かな・・と、曖昧な数字が頭に浮かぶのではないでしょうか。
曖昧という事は、節約できる余地があるという事です。
もっと正確に車検費用に中身を分析してみましょう。

では、5ナンバーの自家用車、2000cc未満、1.5t未満、登録地:本土という条件で、必要な費用を計算してみまます。

車検費用の中で必ず必要な費用は、下のとおり。
・重量税 37,800円
・自賠責保険料 24,950円
・検査手数料 1,100円(指定工場の場合。ユーザー車検の場合1,700円)
大体10万円位と、思っていた内の63,850円が法定費用だったのです。
この部分は、節約出来ないところですから、これを超える整備費用を、どう安くするかが、車検費用の節約という事になります。

整備内容と費用

整備費用を考える場合、真っ先に費用を考えるのではなく、整備の方針を決定する必要があります。
・車検後の2年間、安心して乗れる事を前提に考えるか?
・とにかく、車検にさえ通ればよいという整備をするか?
これは、どちらが良い悪いというのではありません。
日常的に整備、点検をしていて、適切なタイミングで適切な整備が出来る(整備に出せる)環境にある車なら、最低限の整備でも良いわけです。
しかし、普段、全く整備しない自動車を車検に通るだけの整備で済ませたら、その後の2年間の安全性に不安が残ります。

まずは、整備方針を決めましょう。

車検費用を安く収めるには・・・

整備方針が決まったら、見積もりを取りましょう。
この時、色々な割引があるはずですから、これらもフルに活用しましょう。

よくある割引制度は・・・
早期予約割引、代車不要割引、任意保険の等級に応じた割引、平日入庫割引、などがポピュラーな割引です。このほか、入庫から出庫まで数日かかっても良い場合に割引される事もあります。業者によって、色々な割引があります。

あとは、費用の比較をするだけですが、複数の工場に出向いていくのは大変。
でも、今、ネットで車検の見積もりもできます。
主だった、車検費用一括見積もりサイトを左に挙げておきました。
これらを使用すれば、あなたの条件に、ぴったりの業者探しができるはずです。

最後に、ユーザー車検について、少しだけ書かせて下さい。
実は、私も2回程ユーザー車検の経験があります。新車購入後、最初の車検と、2回目の車検をユーザー車検で済ませました。
私自身、車好きで、素人ではありますが、こまめに整備していましたので、2回共、問題なく完了しています。
しかし、この為に、平日に休暇を取り、書類を書き、慣れない検査ラインで、後ろのおじさんに「おい、兄ちゃん、何やってんだ。それ、マフラーに突っ込むんだよ」と、親切な(!?)アドバイスを受けたりと・・・結構、大変です。
もし、修理個所を指摘された場合に備えて、朝一番で行っておく必要もあります。(万一、通らない場合は、すぐに近所の工場に持ち込んで、整備し、その日のうちに再検査を受ければ、余分な費用はかかりません)
費用節約にはなりますが、上のような手間を考えると、あまり得した気分には、なれませんでした。むしろ、車好きが話のタネに自分で通してきた・・という要素の方が強かったような気がします・・・ご参考までに・・・(^^

お得なお買いものは、こちらから!







車検 トップへ戻る