車 買取

車 買取

車の買い取りで損をしていませんか?

得する買い物情報 > 車 買取

車の買い取りで損をしていませんか?

あなたが車を買い替える時、今、乗っている車は、どうしますか?
手軽な「下取り」は、確かに、手間はかかりませんし、特に新車購入の場合、高く買い取ってくれそうな気がします。
また、「下取り車があれば、もっと値引き出来ます」なんて言われる事もありますよね。

しかし、果たして、それは、お得な方法でしょうか?
あえて、言います。下取りに出しているあなた、絶対に「損」してます。

なぜ、下取りは損なのか・・・
そもそも、車の販売店は、車を売るのが本業です。下取りは、車を売る為の付帯業務です。販売店側の立場に立つと、下取り車の有無は、関係ありません。むしろ無い方が楽なわけです。
但し、こんなカラクリで、下取り車を使う事があります。
「下取り車があれば、もっと値引き出来ます」と、言って、本来なら150万円の値がつく車両の下取り価格を130万円と見積もり、差額の20万円を値引きに上乗せする。すると、値引きが大きくて、お得に感じてしまう。そもそも、買う側は、新車のスペックやオプションやらに目を奪われていますから、このカラクリが見えない。また、買う側の心情からすれば、これから高価な買い物をする相手に引き取ってもらうのだから、適切な価格が提示されると信じている。
そんな心理が働くものです。でも、実際には、適正価格でない場合があります。
仮に、販売店が、安い下取り額を提示して、顧客が「それでは安いので、別の業者に売る」と、言われても、何も困る事はないのです。

実際、メーカーの新車ディーラーに勤務する知人は「下取り車が無い方が助かる」と言っています。下取りしたところで、業販か、系列の中古車店に回すわけですから、相場より、高く買い取る事は、事実上不可能なのです。

では、どうしたら、高く売れるのか。

それは、買い取り専門業者に売る事です。

ネットの発達した現在、1カ所に申し込むだけで、複数の業者から見積が受けられるサービスがあります。
これを使えば、大した面倒はなく、適正な価格で売る事が出来ます。 カービューのサービスがお勧めです。

希少車、改造車、事故車等々、特殊な事情がある場合は・・・

例えば、ずっと大切に乗ってきて、絶対に現物を見て貰ったら高く売れるという自信のある車の場合、ネットでは中々アピール出来ません。そうなると、現物を見て貰う事になりますが、この場合は、次の点に注意して下さい。

・査定は、先方に来てもらう事。
・1業者でなく、3業者位に同時に査定を依頼する事。

あえて、複数の業者を同時に呼び、その場で競ってもらうという事です。
買い取り専門店の査定員は、いわば仕入の専門家です。素人が1人では言いくるめられる可能性が高いです。同時に査定してもらえば、ギリギリの高値が出る可能性が高くなりますし、時間も節約できます。

改造車の場合・・・
改造車の場合は、下取り自体出来ない場合がありますし、出来ても、安く見積もられる事が多いです。高い改造費は、下取り価格には反映されず、むしろマイナス要素にしかなりません。この場合は、改造車の専門店に買い取ってもらうのが良いでしょう。

最後に・・・
車を買い替える時は、まず、買い替えをする販売店で、下取り価格と、新しく買う車の値引き額を出してもらいましょう。
この時、出来るだけ、値引きを高くするように交渉しましょう。前述のような、下取り車を安く見積もって、その差額の値引きへの上乗せがあるかもしれません。

本来なら値引き10万 下取り車200万のところを
    値引き30万 下取り車180万と、見積もられるかもしれません。下取り車の差額が値引きに乗った状態です。
その後、買い取り専門店で、買い取り価格を見積もってもらいましょう。
少なくとも、適正価格の200万にはなるはずです。

このデータを使って、販売店に下取り価格を上げてもらうか。それとも、値引きをそのままにして、下取りをやめると交渉するか・・・どちらにしても、下取り車の適正価格を知っておけば、有利に商談が進められます。

残念ながら廃車にする時は・・・廃車引き取り業者もネットで探せます。

車 買取 トップへ戻る